>

水を確保するために

水道が使えない可能性

水道が使えないと、飲み水を確保できません。
それでは生存できないので、ウォーターサーバーを用意してください。
ウォーターサーバーならペットボトルに入っている水を飲むので、断水していても関係ありません。
水があることで、災害時でも落ち着きを取り戻すことができます。
急に災害が起こると怖いですし、パニックになってしまう人が多いです。

しかしずっとパニックになっている状態では判断を間違えて、危険な二次被害を起こすかもしれません。
まずは水を飲んで落ち着き、それから災害の情報を集めたり、家族の無事を確認したりしてください。
水があれば飲むだけでなくトイレも使えますし、食器も洗えるのでこれまでとあまり変わらない生活を送れます。

いつ災害が起こっても良いように

ウォーターサーバーを導入すべきなのか、悩んでいる人が見られます。
しかし悩んでいる間に災害が起きて、水を飲めない状態が続いたら大変なので早く契約してください。
災害が起こったら、1週間以上断水するケースもあります。
その時に給水車が来ても、遠くまで行くのは大変でしょう。
特に高齢者や、小さな子供がいる家庭は自宅にウォーターサーバーがあった方が楽に飲み水を確保できます。

ウォーターサーバーに興味がある人は、詳しい説明を業者に聞いてください。
スタッフからメリットを教えてもらうと、導入したいという気持ちになるかもしれません。
食べ物がなくても、飲み水があれば人間は何日間か生き延びることができます。
生死に関係するので、なるべく早く導入しましょう。


TOPへ戻る